看護師 ブランク

看護師のブランクがある人の再就職は?

 

看護師は女性の職場のため多くの看護師がブランクを経験しています。そこで不安や再就職ができるだろうか?子育て中の看護師なら子供のことが気になることと思います。

 

 

 

看護師のブランク後の再就職するには、辛いことも、きついこともあります。また転職活動中に言われたくないことも言われることもあります。このような事情を知っておくことも大切です。

 

 

 

しかしブランクのある看護師に期待されていることもあります。

 

 

 

体調不良で退職するケース、結婚や出産、子育てを理由に、退職をされる看護師は、国内に55万人ほどいるとも言われています。そのうちの80%近くの方が、再就職を望んでいるのが現状です。

 

 

 

 

人手不足解消のためにブランクのある看護師に期待されていることも事実です。しかし医療現場ではさまざまな問題もあることも確かです。

 

 

 

またブランクのある看護師は、第一線で働いていた時のように働きたいという自分と、ブランクから感が鈍った今の自分との間いだには大きな違いがあるということと思います。

 

 

 

実際にブランクがある看護師が再就職してどうなっているのか調べてみました。

 

 

 

ブランクあり看護師の再就職の体験

 

 

 

 

 

 

  • 1.思っている以上大変というこ声

 

働いて初日であまりの業務の忙しさ、覚えることの多さにショックを受けました。知識や技術のギャップはもちろん、大きい病院の複雑なシステム、様々な患者、医師達・・ それでも、忙しい中私の質問に答えてくださる同僚のナース達に支えられてどうにか3ヶ月間続ける事が出来ました。

 

 

若いときは看護師の理想像や目標がありましたが、今は日々の業務に追われ、患者が見えていないときもあり、自分が恐ろしくなります。(続きはこちら

 

 

【教えてgooより】

 

  • 2.ブランクのある看護師の転職活動中の理不尽な体験


整形外科以外の科や特老など幅を広げて探してもダメだったので、ちょっとダメージを受けてます。正直、どこかは採用になると思ってました。

 

ハローワークや新聞に入っている折り込みチラシに出ている求人(整形外科クリニックの日勤パートが3件)を受けたのですが、どこも「子供いる方は…」と、言われ「うちは、例えば子供が病気でも義実家に面倒見てもらえるので、子供が居るからと言ってご迷惑はかけないようにします」と、話しましたがダメでした。さらに、そのうちの1件からは「なぜ6年も勤めた〇〇病院を退職されたのですか?」と、聞かれ「結婚してすぐ旦那が他県に転勤となり、引っ越した為」と、話したのですが「また転勤になって簡単に仕事を辞められると困る」と言われ…。(続きはこちら

 

 

【Yahoo知恵袋より】

 

  • 3.サポートがない職場への再就職した方の声


皮下注射なのに皮内注射のようにプクっと腫れてしまいました。つまみかた・針の角度の悪かったのかなって思いました。正直にリーダーさんに報告したのですが、マニアル確認して次も担当の患者さんで皮下注射しようかという簡単なアドバイスでした。

 

経験がない、ブランクと不安だらけでマニアルをみても次できるのか少し不安があります。(続きはこちら

 

【Yahoo知恵袋より】

 

 

 

 

看護師のブランクの不安

 

 

看護師のブランクのある方の声からもわかるように、看護師のブランクある方の再就職は、大変さ、最初はきつい、転職活動中に言われることに傷つくことがある場合もあると思われます。

 

 

⇒ それだけ覚悟が必要ということです。

 

 

 

さらにブランク前の自分が置かれている状況が違ったり、求めていることや体力的なこと・子育てなどさまざまなことが違っています。

 

  • 医療は日々進歩しており、医療の進歩についていけない?
  • 最新の医術の知識の修得ができないのではないか?
  • 年下の看護婦に、指示を得ることに、耐えられるだとうか?
  • 緊張感のある現場で仕事ができるだろうか?
  • 託児所がないと無理?

 

 

⇒ ブランクを埋めるための工夫をする必要があることが伺えます。

 

 

  • 3年ブランクで、一から勉強し直す
  • 10年以上のブランクでは、新人にかえったつもりで、一からの勉強し直す

 

 

 

看護師のブランクから不安は様々あることと思いますが、現在では看護師不足の状況もあり、看護師の転職は、しやすい状況でもあります。

 

 

 

看護師のブランクの不安をなくすための工夫って?

 

看護師が長いブランクがあればあるほど、不安は大きくなります。その不安を自分の努力と働く環境や働き方、施設側の理解などを考えて仕事に就くことがベストです。

 

  • 学生時代のノートや専門書で勉強する
  • 看護師の再就職セミナーの参加
  • 看護師の自信を取り戻す働き方
  • 看護師不足解消のために努力している施設がある
  • 託児所の併設・短時間勤務制度
  • 看護師の仕事の変化
  • ブランクのある看護師が求められること
  • 最初だけは大変なことは覚悟をする
  • ブランク歓迎求人の存在

 

 

 

 

学生時代のノートや専門書で勉強する

 

学生時代を振り返って、学生時代に使っていた参考書や実習ノートがあれば読んでみましょう。思い出すこともあり勉強になると思います。

 

 

 

そして専門誌、実践向けの本、看護師向けの総合誌、月刊誌などを読んで勉強をすることです。

 

 

ナースのためのくすりの事典 決定版 ビジュアル臨床看護技術ガイド潜在看護師復職支援テキスト、などがおすすめです。ねじ子シリーズ、病気がみえるシリーズなども勉強になる本も見つかるかもしれませんね。

 

 

 

さらに

  • 看護協会主催の復職支援研修
  • 病院主催の研修会

 

 

などの研修の参加をして看護師としての自信を持つような工夫をすることは大切なことになります。

 

 

看護師の再就職セミナーの開催などへ参加

 

 

その都市によって差はありますが、多くの市役所、看護協会、病院ではブランクのある看護師のための再就職セミナー等の学べる機会があったりします。市、看護協会でも、医療の充実をテーマにしており、こいうことも利用するこで再就職の手助けを行ない、看護師不足の軽減を行なっています。

 

 

 

 

 

 

 

看護師の自信を取り戻す働き方も考えてみましょう

 

最初から第一線で働くことは肉体的にも、精神的にも厳しいものです。そこで働き方も検討をしてみましょう。看護師不足のこともあり、働き方も選べる状況ですので、最初から常勤ではなく、最初は非常勤やパートなどから働き出したり、介護系の仕事などと働き方は選べます。

 

 

 

もしくは、OJT研修がしっかりしている施設で働くということもあります。

 

 

最初から厳しい環境で働くのではなく段階を設けて、自分を仕事に慣れさせるということがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

看護師不足解消のために努力している施設も?

 

 

看護師不足を解消するために、医療機関では様々な工夫をして、看護師の確保を行なっています。場合によっては、ブランクのある看護師に理解を示してくれる医療機関もあるのです。

 

 

 

 

 

 

託児所の併設・短時間勤務制度

 

託児所のある医療機関があったり、短時間正社員制度まだまだ多くはないものの工夫をしてい医療機関があるのです。つまり、ブランクのある看護師でも、転職のチャンスは多く存在しています。

 

 

 

そこで重要になるのが、今までのキャリア、経験、年齢、人格、得意な仕事が重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師の仕事の変化

 

 

高齢化が進み、看護師の役割や仕事も幅広くなりつつあります。

 

 

 

ある程度、経験があれば、介護系の仕事だったり、

 

訪問看護、訪問診療という病院へ勤務する以外の

 

仕事も検討してもいいかもしれません。

 

 

 

 

例えば、人間関係に悩み仕事をやめた人が、訪問診療という仕事に就いたら、伸び伸び仕事ができるようになった。という声を聞くことがあります。良く考えるられるのが外来の仕事です。

 

 

その他にも仕事はありますので慣れるまでのことを考え看護師 求人選ぶことが大切になります。

 

 

 

 

ブランクのある看護師に求められることとは

 

 

新卒ではありませんので、入職後に、教育はないと考えてください。(OJT研修がありの職場以外の場合)

 

 

そのため院内のルールは、教えてもらえるものの、

 

仕事では、比較的、短期間で戦力になることが求められます。

 

 

 

 

ですから経験のない職場への就職は無理になるわけですが、経験されたような仕事であれば就職はできます。また年齢は、安心や信頼を患者だけでなく、職場で働く人たちにも与えるとして期待する医療機関もあるようです。

 

 

 

 

 

最初だけは大変なことは覚悟をする

 

 

最初は、慣れるまでは、努力をすべきでしょう。

 

時間がある時に、勉強するなど工夫は必要と思います。

 

 

多くはないのですが最近では、ブランク歓迎求人なども存在しています。

 

▲画面のTOPへ

 

ブランク歓迎求人の存在

 

看護師不足もあり、ブランク歓迎求人などの求人があり、医療機関側では人手不足を解消するために、あれこれと工夫をしています。その意味では、何らかの理由で仕事を離れブランクのある看護師でも仕事に就くことは、そう難しくないと思います。

 

 

 

 

ただ、良い条件で、職に就くためには、高く評価をされるように工夫はすべきです。

 

 

 

いくら看護師不足だからといって有利だからと手を抜いていれば、

 

不採用ということもあります。

 

 

 

 

看護師の再就職で抑えておきたいポイントは

 

 

看護師の再就職では、プラスアルファの注意が必要です。

 

 

 

仕事から長い間離れていると、仕事の感覚がなくなっています。そのことから、服装や態度に現れてしまっては、採用されずらくなることは確かです。

 

 

 

 

仕事の感覚を取り戻す

 

ブランクが2年以上ある方は、注意をしたいですね。

 

面接で、初対面の人に会う場合に身だしなみに気を使うなどが大切です。

 

 

 

 

また、貢献意識を持つように心がけたいですね。家庭の事情などがあり

 

残業ができない場合、「子供がいるので残業は絶対にできません」

 

などと、スッパトという言い方をする人は、採用する気持ちになりませんので注意です。

 

 

 

 

 

面接で聞かれること

 

 

子供の預け先について、絶対に聞かれます。預け先の確保や検討をしておきましょう。また、家族の了解は事前に了解を得ておきましょう。退職した理由は、必ず聞かれます。前向きな表現に仕方で伝えましょう。

 

 

 

子育てのためというのは問題ありませんが、

 

その他の理由で採用側に不安にさせるような表現に注意すべきです。

 

例えば、仕事が忙しく辛くなったため、とか、人間関係がひどくて・・・。

 

マイナスの表現については、避けるべきです。

 

 

 

 

体調不良でという場合には、

 

働いて問題ないなどの診断書などがあれば安心しますね。

 

 

 

 

 

 

 

ブランクのある看護師は妥協点を考えておこう

 

 

正社員のみに、こだわらないようにすることで、視野を広げて求人を探すことで働き方や条件なども選択肢が多くなります。派遣、パート、アルバイトも検討をしてみましょう。

 

 

 

 

 

ブランクのある看護師は前職にこだわらないこと

 

 

前職にこだわらないこと、

 

前職と比べ年収ダウンになる可能性は高いですので覚悟をしておいてください。

 

 

 

 

 

転職関連記事

看護師が転職に成功するには
看護師が転職するには、いろいろ考えなければならないポイントがあります。看護師が転職に成功するポイントを紹介しています。


 

看護師の志望動機で採用率アップ?
看護師の転職をする場合に、絶対に聞かれるのが志望動機です。賢い看護師の志望動機について説明しています。


 

看護師の転職の面接ポイント
看護師の転職で面接は乗り越えなければならない難関ですね。看護師の転職採用試験での面接ポイントついて紹介していますので参考にしてください。


 

看護師の退職では?
看護師の退職では、自分勝手に退職できる仕事ではありません。患者さんに迷惑のかからないようにすべきです。看護師が転職のための退職について説明をしています。


 

看護師の自己アピールの仕方
看護師の転職・就活では自己アピールが大切です。看護師の転職・就活に役立つ自己アピールについて紹介しています。


 

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

ブランクある看護師の再就職におすすめは

求人を見つけるなら看護師求人サイトの利用

 

ハローワークやインターネットなどで得る求人は、あまり事情を踏まえてくれることがない、交渉ができない求人が多いものです。事情を踏まえてくれるような求人は、非公開求人に多く存在しています。この非公開求人は、一般に公開されることのない求人で、看護師求人サイトで多く保有しています。

 

 

 

 

求人を探すなら看護師転職サイトを利用し、担当者が対応をしてくれますので、担当者へしっかりと相談に載ってもらい、

 

求人探しから転職のアドバイスを得ることがいいでしょう。

 

 

看護師求人比較ランキング

看護のお仕事

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ


看護のお仕事は、後発組であるものの業界トップクラスの看護師転職サイトです。全国10万件以上の施設から、希望に沿う求人を提案をしてくれます。


豊富な求人数を誇り、担当者の対応が丁寧と評価されています。転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめです。




ナース人材バンク

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナース人材バンクは、看護師の転職で最も利用されている看護師求人サイトです。



非公開求人が多く質の良い求人が存在しています。これは全国に拠点が多く存在しこの拠点から担当者が医療機関へ日頃から訪問をしたり連絡をしたりしています。そいう活動から最新の求人情報を得ることを可能にしています。






ナースではたらこ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナースではたらこは、業界最大級の老舗ナースの転職サイトです。医療機関の約9割近くのネットワークがあり、全国どこでも良い求人を見つけることができます。



非公開求人も豊富にあり条件の良い求人も豊富です。担当者に希望を伝え非公開求人からも求人情報を得ることもできます。また担当者はトータルなサポートもしてくれます。




ジョブデポ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ジョブデポ看護師は、圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を進呈しています。


他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、他社が広告費に充てる部分をお祝い金として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。


口コミで利用者が増えたサイトの一つで、評判も上々のようです。





医療WORKER

求人数 求人数6万件以上(全国対応)
求人の質 首都圏、東海、関西に強みあり
信頼・実績
対応力
丁寧さ

長年の実績による医療ワーカーだけの求人も多数あります。WEB上に公開されていない「非公開求人」から理想の求人が見つかる場合もあります。


求人にはのっていない、「人間関係]や「実際の残業時間」など、職場環境も事前に予め知ることができるので、とても利用しやすいと思います。


また看護師からの支持率が高いという評判のサイトで、特に首都圏、東海、関西に強みがあります。






HOME 看護師求人ランキング 好条件で転職するには 自己アピール