看護師 志望動機

看護師の志望動機で採用率アップ?

メニュー

 

 

志望動機は、必ず履歴書に書かなければなりません。

 

採用側から必ず見られ、面接でも聞かれるところです。

 

 

 

1.この病院に興味を抱いたきっかけは?

 

2.どのように思ったか?

 

3.なぜ、この施設で働きたいのか、なぜその施設でなければならないのか?

 

 

 

志望動機はとても大切ですので、思いを込めて書きたいところです。採用側からすると書類や面接といった少ない時間で判断をするため志望動機がしっかりしているか、そうでないかは評価の仕方が全く違ってしまします。

 

 

 

 

志望動機は、実は、採用側では、2つのことを図るものなのです。

 

 

一つ目は、本当に入職したいと思っているのか?

 

もう一つは、入職してから高い意識を持って働いてくれるのか?

 

 

 

 

このことを考えて、志望動機は考えたい点です。

 

 

 

入職後に成し遂げたいこと。

 

なぜそれを成し遂げたいと思ったのか。

 

入職後に取り組みたいこと。

 

なぜそれを取り組みたいのか。

 

 

などは最低限面接前に、考えておくと良いでしょう。

 

 

 

 

場合によっては、面接時に、他の施設で応募をしているのかを

 

聞かれたりします。そして医療機関を選ぶポイントなどを聞かれることもあります。

 

 

 

 

 

 

履歴書に書くポイントは?

 

 

履歴書には、書くスペースが少ないものの、全体のことを考えてから書くことが大切です。

 

何ができるのか、なぜなのか。などを書くことと思いますが、面接時に、深く聞かれると思われます。

 

 

 

 

 

面接時には質問への回答と履歴書に書かれたことが一致

 

面接時の答えと、履歴書に記載された内容が一致していなければ、

 

不信感を持たれ、やる気がないなどと思われても損です。

 

 

 

 

まずは、全体を考えてから、履歴書に書くことが大切になります。

 

全体を考えるコツは、自己アピールについて考えることです。

 

自己アピールについて>>>

 

 

 

 

 

医療機関の採用担当者によって評価の基準が違いあり

 

看護師の転職の場合には、それほど重視しない場合もあります。

 

反対に、細かいことを重視する場合もあります。

 

 

 

看護師は、転職はしやすい状況もあり、医療機関によっても違ってきます。

 

できれば看護師求人サイトを利用し、担当者に相談をし状況に合わせた対応をしましょう。

 

 

 

 

 

志望動機を真剣に考えることは仕事の向上にも?

 

 

志望動機を軽く考えている人は、少なくないものです。

 

しかし真剣に考えることで仕事の向上にもなることを理解しておきましょう。

 

 

 

面接官、採用側は、当施設でどのように役に立ってくれるのか?

 

という観点でみています。

 

 

 

そこに適格に、わかりやすく、アピールするように考えて、伝えることは、

 

上司への報告をすることと同じことです。

 

 

 

上司への報告が上手になれば、仕事では信頼、あるいは高い評価を得ることになります。

 

 

 

 

上司への報告について自信がある人なら上手にアピールできるものです。

 

 

 

もし、それほど自信がないということであれば、

 

転職も訓練と思い工夫、努力をすることは良い経験になるはずです。

 

 

 

 

採用されるための目的で志望動機を考えるわけですが、

 

上司へ報告する訓練でもあります。

 

 

 

上司が何を求めているのかを理解して、

 

上司が好むような報告するつもりで行ないましょう。

▲画面のTOPへ

 

 

 

 

看護師の志望動機のコツ

 

 

 

 

志望動機は、医療機関が何を聞きたいのかという点

 

を知っておくことが大切になります。

 

 

 

知ることができれば、よりアピール度の高いアピールの仕方が可能になります。

 

 

 

看護師求人サイトを利用している場合は、担当者に質問をすると

 

医療機関の採用担当者が何を求めているのかを知っていますので相談をすることがおすすめです。

 

 

 

 

一般に採用担当者は、事務長、看護師長、院長になります。

 

チェックしているポイントは、主に7つになります。

 

 

 

 

 

 

7つについて履歴書に盛り込む必要はなく、2〜3つ盛り込むことでOKです。

 

 

 

ただ、事前に7つについては面接で聞かれた場合に対応をすることが好ましいです。

 

そのため準備をする必要はあります。

 

 

 

 

 

採用する側の7つのチェックポイント

 

 

@どんな仕事をしたいのか(部署や業務について)

 

Aどんな成果を上げたいのか

 

B具体的な理解ができているのか

 

C当病院に興味を持ったきっかけや理由

 

Dどんなキャリアプランを考えているのか

 

E他の病院との比較、なぜ他の病院でなく当病院なのか

 

Fどれくらいの熱意で当病院を調べたのか

 

 

 

事前にノートにまとめ、面接で質問をされても答えられるようにしましょう。

 

 

 

 

 

ありがちな志望動機は?NG

 

 

志望動機を作るのは、面倒なものですが、面倒だからと言って、

 

ネット等にあるありきたりな志望動機は疑問が残ります。

 

 

 

採用側の立場になって考えてみましょう。当たりさわりのない志望動機を

 

作成をする人がいますが、もしあなたが採用する立場であったら、

 

その志望動機で採用したいと思えるでしょうか?

 

 

 

 

理想は、採用側が採用するメリットが理解できることです。それが採用される理由になるわけです。

 

ここが不明瞭だと、評価はされませんので、ありきたりな志望動機の作成はやめたほうがいいでしょう。

 

▲画面のTOPへ

 

 

評価を高くするための看護師の志望動機は?

 

 

 

 

看護師の志望動機のコツで上げた7つのうちの重要なのが@とAです。

 

 

 

つまり、@とAは、病院側として一番知りたい

 

入職後にどんな働き方をしてくれるのかを知りたいたからです。

 

 

 

 

どんな貢献ができるの?

 

つまりどんな仕事をして、どんな貢献をしてくれるのかを知りたい点なのです。

 

 

 

入職をしたら給料を貰うわけですから、その対価として

 

仕事でしっかり貢献する意識が高いかどうかがとても大切になります。

 

 

 

 

 

ただ、他B〜Fは重要でないというわけでなく、

 

自分の強みや適性と組み合わせて志望動機に組み合わせること大切です。

 

 

 

 

 

主な自己アピールには?

 

 

【1】やりたい仕事で自己アピール

 

その病院で「やりたい仕事」をアピールすることです。

 

 

 

 

その仕事がなぜ他の病院でなく当病院なのをアピールをすることです

 

注意したい点は、柔軟性を持たせることも考えておきましょう。

 

 

 

 

 

【2】キャリアプランで自己アピール

 

その施設でのキャリアアップについて調べ、

 

入職後の3年後、5年後のやりたい仕事についてアピールをすることです。

 

 

 

 

【3】OB訪問、先輩看護師から聞いたことを踏まえ自己アピール

 

志望動機「きっかけ」となり病院に対する熱意を訴えっていきます。

 

やりがいや心構え、病院の考え方などについて共感を訴えます。

 

 

 

 

 

【4】病院訪問で自己アピール

 

志望動機「きっかけ」となり病院に対する熱意を訴えていきます。

 

病気で訪問をした時に、良かった点などについて訴えることができます。

 

 

 

 

 

【5】志で自己アピール

 

夢や人生の目標といった大きな志をアピールし仕事を通じて病院に対する熱意を伝えることができます。

 

ある意味一生懸命働く人と印象づけることができ、強い熱意ややる気を伝えることができます。

 

 

 

 

 

【6】今までの経験で自己アピール

 

志望する医療機関で仕事をすることに強い思いを持ったきっかけをアピールをします。

 

知名度などのアピールは弱いです。

 

 

 

 

 

 

【7】自分の強みを自己アピール

 

自分の適性や資質があることをアピールがします。

 

やりたい仕事と組合せてアピールできれば評価がされやすいです。

 

 

 

 

 

 

【8】専門的な資格・スキルで自己アピール

 

専門的な知識やスキルをアピールし、即戦力的な印象を与えることができれさらに評価されやすいです。

 

 

 

 

 

 

以上の8パターンを自己分析から考え志望動機を考えと

 

一般に評価の高い志望動機を作ることができるでしょう。

 

 

さらに、今置かれている状況も考えることがベストです。

 

▲画面のTOPへ

 

 

 

経験年数を踏まえた看護師の志望動機

 

 

 

看護師が転職する際に志望動機を考えることは難しいものです。

 

経験年数を踏まえた志望動機について紹介しています。

 

 

 

 

考え方として抑えておきたいこと志望動機や自己アピールで、

 

やってはいけないことは、マイナスなことをそのまま採用側に伝えないことです。

 

 

 

 

マイナスなことは置き換えてアピールをすることがポイントです。

 

具体的には、人間関係に悪いため転職をしたいという表現では印象はマイナスな印象です。

 

 

これを人間関係がよいところで頑張りたいと置き換えれば

 

印象はポジティブな印象になります。

 

「○○がしてくて・・・」とするとポジティブな印象になりやすいでしょう。

 

 

 

 

 

今置かれているの状況と志望動機

 

 

1.経験年数5年未満

 

志望動機は

 

 

応募先でやってみたい仕事を理由にすることが有効です。

 

そして前向きな転職という印象を与えることがポイントです。

 

 

 

自己ピーアル

 

 

やる気、適応力、柔軟性など現場で経験をしたことを交えながら

 

アピールすることも有効です。

 

 

 

 

2.経験年数5年以上

 

志望動機は

 

 

目指すことをはっきり伝えられることが大切です。

 

キャリアアップを目指す転職というアピールが有効です。

 

 

 

 

自己アピール

 

経験が豊富なことをアピールをします。

 

 

経験や担当業務など年数を合わせて印象づけるように具体的にアピールしましょう。

 

 

 

 

 

3.転職回数が多い

 

転職回数が多い場合、

 

まず何らかの事情で転職をした場合があれば、その理由を説明をすることです。

 

 

自己都合の場合には、

 

経験を踏まえやりたいことや長く働きく意識があることを強くアピールをすることです。

 

 

 

 

自己アピール

 

転職回数が多いとマイナスに考えがちですが、

 

反面、経験が豊富、様々の病院のやり方に対応をしてきた柔軟性があるという

 

面をアピールをすべきです。

 

 

また、転職をして気づいたことなどを前向きにアピールをしましょう。

 

 

 

 

4.プランクが5年以上

 

 

ブランクがある看護師の転職では、ブランクについてその理由を明確に説明をします。

 

これからはどんどん学び貢献していく意思をアピールをします。

 

 

 

自己アピール

 

初心に戻って勉強をする気持ちがあることをアピールします。

 

ブランク中に勉強したことや資格取得していればアピールをします。

 

これはかなり有効なアピールになります。

 

 

▲画面のTOPへ

看護師の志望動機が作れない方へ

 

 

 

志望動機を作る場合に、いい志望動機を書くことができないと

 

感じる人もいることと思います。

 

 

 

 

志望動機を書くために、医療機関のことや業界に事情を知ることで

 

志望動機は作成できると思います。

 

 

 

 

転職先が決まっている場合やある程度絞っている場合、

 

情報収集が重要になります。

 

 

 

 

一番いいのが、その医療機関で働いている看護師から話を聞くことができれば最高です。

 

しかし、そこまでなかなかできるものでもないと思います。

 

 

 

 

そこで情報収集の仕方としては、下記の2つをチェックしましょう。

 

 

 

 

1.医療機関のホームページです。

 

ホームページを印刷をして、熟読し、他の医療機関と比較すると

 

気がつくことがでて有効な情報になると思います。

 

 

 

 

 

 

2.業界紙・業界情報のあるメールマガジンなど

 

業界の情報を読んでおくことで、最近の話題になっていることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

特に、人気の求人に応募する場合には、情報収集をするとアピールできる志望動機が作れるでしょう。

 

また、面接での質問への対応にも役立ちます。

 

 

 

 

反対に、それほど応募が多くなく、入職にそう難しいことのない

 

職場の場合には、そこまで情報収集に力を入れなくても大丈夫です。

 

 

 

応募先の状況によって大きく異なります。

 

 

 

 

ただ、念には念を入れて転職活動を行ないたい方は

 

志望動機のための情報収集をしておくと間違いないでしょう

 

 

 

 

 

看護師求人サイトを利用している方は、

 

担当者に相談の上、人気の求人なのか、

 

そうでないのかを判断して転職活動が行えます。

 

 

 

 

さらに、看護師求人サイトの利用する場合には、

 

担当者が医療機関のことを調べてくれたり、

 

採用担当者へどういうアピールが有効かなどを

 

知っていますので、履歴書の書き方や添削までしてくれます。

 

 

 

このようなに看護師求人サイトを上手に利用することも有効です。

 

▲画面のTOPへ

看護師求人比較ランキング

看護のお仕事

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ


看護のお仕事は、後発組であるものの業界トップクラスの看護師転職サイトです。全国10万件以上の施設から、希望に沿う求人を提案をしてくれます。


豊富な求人数を誇り、担当者の対応が丁寧と評価されています。転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめです。




ナース人材バンク

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナース人材バンクは、看護師の転職で最も利用されている看護師求人サイトです。



非公開求人が多く質の良い求人が存在しています。これは全国に拠点が多く存在しこの拠点から担当者が医療機関へ日頃から訪問をしたり連絡をしたりしています。そいう活動から最新の求人情報を得ることを可能にしています。






ナースではたらこ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナースではたらこは、業界最大級の老舗ナースの転職サイトです。医療機関の約9割近くのネットワークがあり、全国どこでも良い求人を見つけることができます。



非公開求人も豊富にあり条件の良い求人も豊富です。担当者に希望を伝え非公開求人からも求人情報を得ることもできます。また担当者はトータルなサポートもしてくれます。




ジョブデポ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ジョブデポ看護師は、圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を進呈しています。


他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、他社が広告費に充てる部分をお祝い金として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。


口コミで利用者が増えたサイトの一つで、評判も上々のようです。





医療WORKER

求人数 求人数6万件以上(全国対応)
求人の質 首都圏、東海、関西に強みあり
信頼・実績
対応力
丁寧さ

長年の実績による医療ワーカーだけの求人も多数あります。WEB上に公開されていない「非公開求人」から理想の求人が見つかる場合もあります。


求人にはのっていない、「人間関係]や「実際の残業時間」など、職場環境も事前に予め知ることができるので、とても利用しやすいと思います。


また看護師からの支持率が高いという評判のサイトで、特に首都圏、東海、関西に強みがあります。






HOME 看護師求人ランキング 好条件で転職するには 自己アピール