中途採用 筆記試験

中途採用での筆記試験?


スポンサードリンク

中途採用での筆記試験?

 

 

中途採用での筆記試験は、優秀な人材確保や第二新卒での採用の場合に、
利用されていますが、増えているようです。

 

 

 

一般的には、履歴書・職務経歴書・面接が重視されるのですが、
さらに筆記試験を行なうことで、採用ミスを防ぐために行なわれるようです。

 

 

 

 

応募者が多い場合に、筆記試験である程度絞る目的で行なう場合と、
客観的な判断材料とするために行う場合があります。

 

 

 

特に、第二新卒の場合には、経験も少ないため採用するための判断材料が少ないこともあり
行なわれることが多いようです。

 

 

 

 

さらに、筆記試験は、事前に告知されることがないこともあり、
事前に持ち物として、筆記用具の指定がある場合があります。

 

 

 

 

しかし、筆記用具は、必ず持っていくべきです。
事前に持参するものを、指定しない場合でも、筆記試験があることもあります。

 

 

 

 

筆記試験の内容は?

 

 

一般常識・専門知識関連、能力適性検査、性格適正検査などが通常です。

 

 

 

対策としては、時事問題は、
新聞をどれだけ読んでいるのかという観点から問題を作成すると思われます。

 

 

 

その他には、中学受験、高校受験レベルの問題が出題されることになるでしょう。

 

 

 

 

能力適性検査については、SPI試験が想定されますので、
市販のSPIの問題集を何冊か購入し、練習をしてみましょう。

 

 

 

 

性格適性検査は、ありのままの自分を出すことです。下手に良く見せようと思うことはよくありません。
逆効果となってしまう結果にもなりかねませんので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

関連記事


スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
home 自己アピール 面接 履歴書