自己アピール

自己アピールにつて


スポンサードリンク

自己アピールについて

 

自己アピールは自分を売り込むためのもの

 

自分を売り込みむということを真剣に考えて、転職活動をしていますか?

 

 

自己アピールは、意外に軽く見ていないでしょうか?

 

 

 

特に質の良い求人への応募では

それが原因で、書類選考でいくつも落とされることに・・・?

 

面接を受けても手ごたえがない・・・?

 

 

 

それほど質の良い求人でなければ、それほどこだわる必要はありませんが、

 

もし、できるだけ希望に沿うような転職・人生を好転させようと考えた転職ならば、

 

自己アピールは真剣に考える必要があります。

 

 

 

 

例えば、セールスマンは商品を販売するために、最高の準備、商品知識、マナー、身だしなみを真剣に行っています。

 

転職では、自分が商品で、自分という商品を売り込むセールスマンが自分なのです。

 

 

 

 

 

自己アピールで損をしてしまう原因

 

あまり準備せず、あまり真剣に考えず、応募先企業についてもあまり知らずに自己アピールを考える傾向が一般的かと思います。

 

それでも、応募先が採用してくれる場合もありますが、しかしあまり確率は良くないと思います。

 

 

 

 

これは、自分だけの視野で自己アピールを作成をしたり、自分の訴えたいことを中心のアピールになり、本当の意味で、応募先へアピールをしていることにはならないのです。

 

 

 

 

上手な自己アピールをできる人は、それほど多くはありません。

 

その意味では、上手にアピールできれば、人気の求人でもチャンスはあります。

 

応募先が何を知りたがっているかを理解し、そこにアピールできるかどうかが大切になるわけです。

 

 

 

応募先が知りたがっていることは
  • 優秀な人材かどうかを見極めようとしている
  • 長く勤められる人材かどうか見極めようとしている
  • 会社にどのような貢献をしてくれるのかを知りたがっている
  • どこまで当社の仕事を理解して応募しているかを知りたがっている

など・・・・。

 

 

応募先が知りたがっていることへ印象に残るアピールをすることができるかどうかが大切になるわけです。

 

 

 

さらに真剣な転職活動のメリットがあります。

 

上司への報告やプレゼン力、調査力を磨くことにもなりますので、しっかり準備すべきかと思います。

 

 

 

 

 

 

上手な自己アピールをするには?

 

 

まず知らなければならないことは、採用側が何を知りたいと考えているのかを知ることです。

 

 

 

 

中途採用では、年齢によって求められるものに違いがあります。そうは言っても、求人先の企業で、使えるのかどうかという点です。

 

 

 

 

年齢が若ければ、ややスキルがなくともやる気や熱意を感じることができるかどうかです。ある程度経験がある人は、即戦力になるかどうかです。

 

 

 

 

 

面接で聞かれること

 

 

面接では、自己アピールをしてください。とかセールスポイントは何ですか?

 

などと質問をされることが多いのです。

 

 

 

以上のようなことを踏まえて自己アピールをするのですが、問題は、表現方法です。

 

 

表現によっては、努力をすると語ったとしても、採用側の受取方によっては、信用できないということも少なくいのです。

 

 

 

求めている人材によって若干違いはありますが、マナーや熱意、表現方法、聞かれることはある程度決まってくることも確かです。

 

関連記事

自己アピールの書き方は?

 

良い転職をするために書類選考を突破するためのに自己アピールが大切になります。自己アピールの書き方について説明をしています。

 

 

 

書類選考を何とかするポイント

 

中途採用では、書類選考がほとんどという状況です。採用されるには、まずは書類選考を突破することが大切です。

 

 

 

魅力的な志望動機を作る

 

自己アピールの一つに志望動機があります。この志望動機を魅力的にすることは非常に大切になります。志望動機の作り方を説明をしています。

 

 

 

転職での自己分析の秘訣って?

 

転職する場合に、自己分析が大切と言われています。自己分析がきっちりできないと自己アピールが不明瞭となるためです。自己分析の秘訣について紹介しています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
home 自己アピール 面接 履歴書