転職 情報収集

転職は情報収集から


スポンサードリンク

転職は情報収集から

転職をする時に、求人票だけ見て判断するのは早計と言えます。求人票にはない情報を得ることも大切なことになます。転職は情報収集の仕方によって、大きく変わってしまいます。今やネットで調べることができるし、調べることを経験できるチャンスになります。仕事の業種によっては良い経験となることもあります。

 

 

しっかり集めようと思えば、案外集められるものです。

 

 

 

中小企業であれば、ネット上での書き込みがないこともあると思いますが、どんなことを行っているのか?募集はどの業務の募集なのかある程度、調べることができると思います。また、その業界についても理解することができると思います。さらに、多くの情報を集めて、さまざまな業界について触れておくこともおすすめです。

 

 

 

 

場合によっては選択しが増えることで、自分に適した職場、条件を比較することで、ベターな職場が見つけられることも可能になると思います。さらに情報を多く集めるメリットとして、自己アピールに磨きをかけることが可能です。

 

 

 

つまりは情報収集をどれだけ真剣に、行い、採用側が求めていることを理解してアピールするということで、良い印象を採用側に好印象になったします。

 

 

 

 

 

 

転職時に自分の希望も明確に

情報を集めることは大切なことですが、まとめておかないといけません。また、自分が何を望んでいるのか?どうなりたいか?どうしたいか?はっきりさせる必要があります。

 

 

 

 

そのことが効果的なアピールをするためにも、自分の希望を明確にしておくことも大切になります。

 

 

 

 

 

さらに、情報を集めるにしても、最初は、さまざまな求人を見て、情報を集め、その後に、自分の希望を明確にします。そして希望が明確してから職種や業種の情報を集めるという感じで絞っていきます。希望の職種から、関連業種、その他の業界についても調べていきます。

 

 

 

可能な限り幅広く情報を集めていきます。

 

 

 

 

転職活動では広い視野から情報を集める

 

その理由は、今までの視野をもっと広げるために、情報を幅広く集めていきます。視野が広がることで、今まで考えたことがないような仕事に興味を持つこともあります。反対に、自分ができること、やりたいことの再確認になってくるでしょう。

 

 

 

 

 

興味のある会社があれば、徹底的に調査をしていきます。企業のホームページ、会社四季報、知人、友人にその会社のOB、もしくはその業界に詳しい人などに聞いてみるなど。入念に調査をします。

 

 

 

 

転職活動時の情報収集の2つの意味

 

情報収集は、2つの意味があります。

 

1つ目は、転職後に、思っていたような会社でなかった。というギャップをなくすためです。情報を集めて応募する前に、期待できる会社なのかどうかの判断をするためです。

 

 

 

 

 

二つには、採用側への魅力的な自己アピールをするためです。

 

 

最近では、あまり会社のことを知らずに、応募するという方が少なくないようです。そいう人と比べれ、しっかり知らべている人は、採用側としても熱意を感じ印象に強く残すことができます。

 

 

 

 

面接時にコミュニケーションで、企業についてのネタがあれば、話も広がる可能性も大です。しっかりとした情報収集をすることで、ライバルに差をつけることができるのです。

 

 

 

 

 

次は、転職理由は答えられるようにすることです。>>>

 

 

 

 

 

関連記事


スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
home 自己アピール 面接 履歴書