企業 情報収集

企業の情報収集


スポンサードリンク

企業の情報収集

 

 

求人先の企業の情報収集をするために、インターネットや業界誌などから
情報収集をすることになります。ただ内情を知ることは難しいものです。

 

 

 

応募先の内情を調べる

 

内情を知るには、一番間違いないのが、
そこで働いている人を探して話を聞いてみることです。

 

しかし、これは一番難しいことと思います。

 

 

 

 

もし、難しいとお感じの方におすすめは、転職エージェント(人材紹介)を利用することです。

 

 

 

 

転職エージェント(人材紹介)の場合は、担当者が転職のサポートをしてくれます。
担当者は、企業の内情や雰囲気を知っていることが多いのです。

 

 

 

担当者から内情に関する情報を聞き出すことができます。

 

 

 

 

さらに、面接時に、社内を見学させて頂けないでしょうか?と依頼してみます。

 

 

 

企業の内情のチェックポイント

 

チェックポイントとしては、社員が生き生きしているか?

 

社内が整理整頓ができているのか?

 

電話対応は、丁寧な態度で行なっているのか?

 

 

以上のようなことをチェックしましょう。

 

 

そして、面接官の態度も合わせてみると、何となく社内の雰囲気がつかめると思います。

 

 

 

採用側の見方・考え方

 

採用側は、仕事の内容や企業のことリサーチしているということが前提で、
面接をしたり、話をしたりします。

 

 

 

しかし、実際に入社しなければ、内情や業務のことは理解できるものではありません。
だからと言って、企業の業務内容や内情を調べることを怠ると、

 

採用側からすると、「わかっていない」と考えてしまいます。

 

 

 

そのため不採用となる可能性が高まってしまうものです。

 

 

 

採用側からすると、応募をしてくることは、徹底的に調査をし、
企業のことを理解して、応募をしていると考えるものです。

 

 

 

 

 

応募をする前に企業の調査は非常に重要と認識をしましょう。

 

 

 

 

関連記事


スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
home 自己アピール 面接 履歴書