中途採用 年代別

中途採用での年代別に求められることとは?


スポンサードリンク

中途採用での年代別に求められることとは?

 

中途採用での年代別の求められこととは
中途採用の場合には、年齢とポテンシャルは、大きく関わっています。

 

 

 

 

年代が若ければ、ポテンシャルを期待して採用することになります。
年齢が40代、50代となると、即戦力を期待して採用することになります。

 

 

 

 

 

一般的な企業が重視する点を具体的に説明をすると、

 

 

 

20代前半

 

ある程度の経験はあってもそれほどスキルには期待していません。

 

 

しかし、スキルや経験不足でも、将来的な可能性を期待していいます。
そのためやる気や熱意を求めています。

 

 

 

20代後半

 

 

アピールできるスキルを持っていても良いころの年代と採用側は考えています。
早い人であれば、チームリーダーとなっていると期待大です。

 

 

専門的な分野、実績のある方は、即戦力として評価されます。
未経験者でもこの年代までは採用されます。

 

 

 

 

 

30代前半

 

 

当然、何らかの専門的なスキルがあり、実績もあると採用側は考えています。
チームリーダー、係長などになってもおかしくない年代と捉えています。

 

 

 

即戦力として期待大です。また若い年代への刺激となり社内の活性化も期待しています。

 

 

 

 

 

30代後半

 

スキルや実績もあり、何かあった場合の問題解決能力があると採用側は考えています。
また、部下の指導する能力もあると採用側は考えています。

 

 

 

高度な仕事をこなせるのではと期待しています。もしくは専門分野、管理職を
任せられるのではと期待大です。

 

 

 

 

40代

 

様々な業務の経験と実績があると採用側は考えています。
経験からチームの管理能力を期待していますのでマネジメント能力が求められています。

 

 

 

そのためプロジェクトを任せたい、人材の手配や仕事の進行管理などを任せたいたいと採用側は考えています。
リーダーとして力を発揮する方を求めています。

 

 

 

 

 

同じ中途採用でも、年齢によって求めているスキルは違っています。
一般的に、20代では、仕事をこなす能力と将来性、30代では仕事をこなす能力とマネジメント、

 

40代では高度なマネジメントが求められています。

 

 

 

 

ただ業種や職種によって違いがありますので、事前に調査を行なう必要があります。

 

 

 

 

また、あまりにも高いレベルの要求をされて、長く続きしないとなっても意味がありませんので、
事前の調査は、しっかりと行っておきましょう。

 

 

関連記事


スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
home 自己アピール 面接 履歴書