応募書類

応募書類で


スポンサードリンク

応募書類で

 

応募書類で落とされないためには、どうしたらいいのでしょう。
質の良い求人になれば、なるほど書類選考の応募になります。

 

 

 

 

書類選考で、多くの方が、落とされてしまうケースが少なくないのです。
ハローワークの場合には、履歴書・職務経歴書を郵送をします。

 

 

 

 

企業のwebサイトを見て、応募をする場合には、エントリーシートになります。

 

 

 

 

履歴書とエントリーシート

 

転職サイトや人材紹介の場合には、エントリーシート、
履歴書・職務経歴書が必要になります。

 

 

 

 

エントリーシートは、企業独特の書類になっています。

共通点は、志望動機、自己アピール、入社後にやりたいことなどが共通点です。

 

 

 

 

そして各社、独自の質問などが盛り込まれています。

 

 

 

 

人気の求人では、書類選考で、絞り込みます。大手の新卒の場合には、
10分の1まで、絞り込むと言われています。

 

 

 

 

書類選考は難関

 

10分の1まで、絞り込む、それだけ書類選考が難関なことが伺えます。

 

 

 

 

そして絞り込んだ人のエントリーシートを見ながら面接を行ないます。
エントリーシートに記載されている内容について、深い質問をしていきます。

 

 

 

 

履歴書・経歴書が応募書類にしている場合には、面接時には、

履歴書・経歴書を見ながら、書かれている内容について深い質問をしてきます。

 

 

 

 

書類選考という求人は、基本的には人気があり、応募が多数ある状況です。
そのため、書類選考で、興味を持たれないと、駄目だということがわかると思います。

 

 

 

 

大手であれば、一人の審査に時間をかけられません。
新卒の場合は、応募者が多いのですが、一人あたり10秒と言われています。

 

 

 

 

応募者類は、まず流し読みされることになるのですが、
そこで印象に残るアピールができないと次の段階へ進むことができないと考えていいでしょう。

 

 

関連記事


スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
home 自己アピール 面接 履歴書