転職 失敗

転職に失敗しないために


スポンサードリンク

転職に失敗しないために

 

 

転職に失敗する場合の多くは、何となくの転職です。
転職をしたけれども何をしたいのかがわからない。

 

 

 

今後、どうありたいのかが不明確、やりたいことも特にない。などです。

 

 

 

 

 

一般的によくあることが、今の職場での不満や理不尽さ、
条件の悪いことを解消したいという思いで転職をしようとします。

 

 

 

 

不満解消の目的の転職は、避けることが失敗しないことを避けることになります。

 

 

 

 

具体的には、

 

 

1.転職の目的を考え直す

 

今の不満の本当の原因を考えてみる、やりたいことや自分がどうありたいのかを考えることです。
不満の本当の原因がわかれば、解決する方法が見つかるかもしれません。

 

 

 

また、今の職場が嫌だからという考えでなく、そうしたら解消されるのか?
転職をすることで解消できるのかを考えてみることです。そして自分がどうありたいのか、

 

やりたいことは?将来の目標は?答えが出るまで徹底的に考えてみることです。

 

 

 

 

2.目的意識を持つ

 

目的意識がない方の志望動機は、採用側に伝わることになります。
何となくあいまいな印象を持たれることになります。

 

 

 

 

また、あまり考えていないこともあり、
自分の経験やスキルを採用側にアピールすることもできないでしょう。

 

 

 

さらに、御社で仕事をしたいという意気込みを採用側が感じることができないため評価されません。
もし採用されたとしても、また不満を持ってしまい転職を考えることにもなり兼ねません。

 

 

 

 

真剣に、本当の不満は何か?やりたいこととは?
自分は将来どうありたいのかについて考えて、こうすると決意をしましょう。

 

 

 

 

 

 

3.希望の優先順位

 

これは絶対譲れない、という条件と、妥協しても良い事を整理しておくことです。

 

 

 

紙に書き出しておくことです。まずは、メモで条件を箇条書きでいいので、
書けることをどんどん書き出しましょう。

 

 

 

待遇、業界、勤務地、仕事の内容など書き出し、譲れないことに優先順位を付けておくと、
希望する転職先がイメージできてくると思います。このイメージに近い求人を探し、応募をします。

 

 

 

転職に失敗しないためにも、考えをまとめてから転職活動を行なうことが大切になります。

 

 

関連記事


スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
home 自己アピール 面接 履歴書