看護師 給料

看護師の給料は高い?

 

看護師の給料って?

 

看護師は給料が高いというイメージがあるようですが、実際働いている看護師からするとそう感じている方は多くないようです。

 

 

看護師の給料を色々調べてみたらあまり良くないように見えました。看護師は給料が高いと聞いていたのですが、そんなこともないのですか?

20代であれば基本給だけで考えれば、同年代OLと大差ありません。ちょっといいランクの企業より安いかもしれません。ただ夜勤をすることで、それより+になり上回るんです。

引用元:yahoo知恵袋より

 

 

実際に働いている看護師の回答からすると、普通のOLと比べ高いと言えないという印象があります。しかしなぜ看護師の給料が高いというイメージがあるのでしょうか?

 

 

そこで2015年度厚生労働省 賃金構造基本統計調査から看護師の年収を割出てみました。

 

看護師の平均年収10名以上の医療機関 474.47円 平均勤続年数6.7年
看護師の平均年収10名以上の医療機関 479.2円 平均勤続年数5.5年

 

 

看護師(女子年齢別平均年収

20 〜 24歳看護師の給料 10名以上の医療機関 377.76万円 平均勤続年数1.6年

1000名以上の医療機関 384.58万円 平均勤続年数1.6年

25 〜 29歳看護師の給料 10名以上の医療機関 453.82万円 平均勤続年数4年

1000名以上の医療機関 480.8万円 平均勤続年数4.4年

30 〜 34歳看護師の給料 10名以上の医療機関 461.44万円 平均勤続年数6.2年

1000名以上の医療機関 499.48万円 平均勤続年数6.8年

35 〜 39歳看護師の給料 10名以上の医療機関 474.01万円 平均勤続年数8.1年

1000名以上の医療機関 523.98万円 平均勤続年数9.2年

40 〜 44歳看護師の給料 10名以上の医療機関 497.56万円 平均勤続年数8.9年

1000名以上の医療機関 555.86万円 平均勤続年数10.6年

45 〜 49歳看護師の給料 10名以上の医療機関 516.88万円 平均勤続年数9.9年

1000名以上の医療機関 581.66万円 平均勤続年数12.6年

50 〜 54歳看護師の給料 10名以上の医療機関 519.16万円 平均勤続年数11.8年

1000名以上の医療機関 614.66万円 平均勤続年数16.3年

55 〜 59歳看護師の給料 10名以上の医療機関 525.37万円 平均勤続年数14.6年

1000名以上の医療機関 612.05万円 平均勤続年数21.7年

60 〜 64歳看護師の給料 10名以上の医療機関 454.04万円 平均勤続年数14.5年

1000名以上の医療機関 428.75万円 平均勤続年数20.8年

*超過労働時間からの支払は含んでおりません。
つまり所定内給料額と年間賞与その他特別給料額の合算になっています。

 

 

一般の女性の平均年収は30歳〜40歳は300万を超えているようですが、平均年収300万に満たないようです。国税庁平均給与より)それと比べれば看護師の平均年収は高いことは確かです。

 

 

 

 

看護師の給料は高いことは確かに事実のようですが、実際にはそれほどでもないと感じてしまう理由は、施設の規模や医療法人によっての違いがあるとも考えられますが、もっとも影響があるのは給料の構造にあると思います。

 

 

 

看護師の給料は、手当が付いて、収入が多くなるというわけです。

  • 基本給
  • 調整手当
  • 職務手当
  • 残業手当
  • 夜勤手当
  • 早出・遅出手当

などなど

 

 

 

夜勤があったり、残業があったり、その他調整できるようにさまざまな手当が付いて給料が高くなる構造になっていると思われます。そのため手当が付かない勤務をしているとOL並みになってしまうわけです。

 

 

 

手当が多くある職場は体力的、精神的にきつい仕事でもあり、そのきつさと比べて、支給される給料は安く感じてしまうのではないでしょうか?

 

 

 

本当に給料が高いとは言えないと思いますが、手当が付けば、それなりの収入を得ることが可能ということです。

 

つまり手当が付くきつい仕事を行えば行った分だけ収入を得ることができるということです。

 

 

 

本当に、給料が高いというのは基本給が高いところになるわけですが、基本給を高くすることは施設側としてもリスクがあるため、手当を多くして仕事をしてくれた分だけ収入を得られるような構造にしていると思います。

 

 

 

看護師が高収入を得たいなら手当が付く仕事を

 

手当は、病院によってさまざまで、所属職場によって手当が沢山付いて給料が高くなるということがあり、高収入になっている看護師もおります。

 

 

 

つまり病棟で夜勤ばかりし家にも帰らず病院に住んでいると思われるような働き方している看護師や、危険な仕事や人の嫌がる業務を行なう看護師は手当てが高く付くことになり、高収入になります。

 

 

 

反対に、手当がほとんど付かない職場ならOL並みの給料になるわけです。

 

 

 

 

看護師の給料が高いか、低いかは基本給で判断

 

基本給が高ければ、高いほど給料が高いと言えますが、多くの場合基本給はそう高くはありません。一般には初給料基本給で17〜18万円という程度でしょう。(経験や年齢的なことでの差はあります。)

 

 

 

収入を上げたいなら手当が付く仕事を就くことで高収入にすることはできますが、理想は基本給が高いのが一番です。

 

 

 

手当が付いて高収入の看護師を得ている方でも、給料が少ない、給料に不満を持ってしまうというは、基本給が低いためでもあります。生活するためには、やりたくない手当が付く勤務をしなければなりません。

 

 

 

つまり、不規則な生活が避けられない、責任の重さ、昇給はそれど高くない、など頑張っていることに対しての報酬が報わると感じられないように感じているようです。

 

 

 

 

 

 

また、給料が少ないから転職をして収入をアップさせようと考える場合に、即戦力となる職場への転職のみです。自分のキャリアや経験考慮することが大切になります。

 

 

 

 

 

看護師の転職で給料がダウンする?

 

注意したいのが看護師の転職後に、給料ダウンや時給ダウンなどがあります。まずは自分の基準を理解して、上手に交渉をすることが必要になります。

 

 

 

つまり安易に看護師の給料を上げたいとう転職は、考えものです。有利になるような転職活動を行う必要があります。おすすめは看護師求人サイトの交渉力のあるサイトを利用した転職です。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

看護師の転職時の給料の交渉は?

 

転職時に、給料にこだわりるあまりに面接の最初から交渉する人がいます。

 

 

これは、絶対NGです。

 

 

 

 

看護師の給料の交渉のタイミングは

 

給料の交渉は、最後にするものです。先方が是非採用したいと思っている段階では、多少無理は聞いてくれたりします。しかし、採用側があなたにまだ信用していない段階で、交渉すると、不信に思われ、「収入だけしか頭にないの?」と思われ、不採用となってしまいます。

 

 

 

 

採用側が適正な報酬を提供をしてくれる場合は、

 

先方から前職ではどれくらい貰っていたのかを聞かれたりします。

 

 

反対に、一方的に言われてしまい交渉の余地がなさそうな場合には、

 

今後の給料アップは期待できない可能性があります。

 

 

 

 

 

交渉は自分で交渉をなるべくしないのがベスト

 

 

一番ベストなのが、自分で交渉しないことです。つまり看護師求人サイトを利用して担当者より交渉をしてもらうことです。大手の看護師求人サイトなら安心して任せることもできますし、そいう交渉には慣れています。

 

 

 

入職後にも、気持ちよく働けるとこになるからです。

 

もし自分で交渉をして、採用側に、嫌な気持ちにさせてしまった場合、

 

入職後に、働きずらくなる可能性もあります。

 

 

 

看護師求人サイトの担当者から交渉をしてもうことがおすすめです。

 

 

 

 

転職関連記事

看護師が転職に成功するには
看護師が転職するには、いろいろ考えなければならないポイントがあります。看護師が転職に成功するポイントを紹介しています。


 

看護師の志望動機で採用率アップ?
看護師の転職をする場合に、絶対に聞かれるのが志望動機です。賢い看護師の志望動機について説明しています。


 

看護師の転職の面接ポイント
看護師の転職で面接は乗り越えなければならない難関ですね。看護師の転職採用試験での面接ポイントついて紹介していますので参考にしてください。


 

看護師の退職では?
看護師の退職では、自分勝手に退職できる仕事ではありません。患者さんに迷惑のかからないようにすべきです。看護師が転職のための退職について説明をしています。


 

看護師の自己アピールの仕方
看護師の転職・就活では自己アピールが大切です。看護師の転職・就活に役立つ自己アピールについて紹介しています。


 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

 

 

 

転職後に給料アップのために利用したいサイトは?

 

もし給料アップをしたい、給料を最高に上げられるような職場へ転職をお考えなら看護師求人サイトの選び方も大切になります。

 

 

 

給料を上げられるような求人が見つからない・・・・。

 

転職後に給料が下がりすぎてしまった・・・?

 

 

給料を上げるようにしたいなら、求人保有数の多く、ある程度交渉力のある看護師求人サイトがベストです。

 

 

 

求人保有数が少なければ、希望するような求人の提案されるまでの時間がかかり過ぎてしまいます。場合によっては希望していないような求人の提案ばかりとなってしまうこともあります。

 

 

 

また、担当者が交渉力がなければ、満足できないことになります。

 

 

 

通常、給料は限度額があり、最低と最高金額が求人票に記載があります。これを見て最初から金額的な話をしては駄目なのです。

 

 

 

 

重要なことは施設側が欲しい人材と思えるかどうかが大切になります。つまり面接後、内定が勝ち取れてから交渉に入るわけです。

 

 

 

給料アップのための求人保有数が多い+交渉力があるサイトは?

 

ナース人材バンク

ナース人材バンク 保有求人数20万件以上(全国対応)利用者数NO.1。安心の上場企業が運営する「ナース人材バンク」は年間利用者10万人以上の看護師さんが利用する国内最大級の転職支援サービスです

 

 

 

ナースではたらこ
 

保有求人数9万件以上(全国対応)交渉力に定評があります!ナースではたらこは、バイトルドットコム、はたらこねっとでお馴染みのディップが運営する看護師専門の転職サイトです。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

 

 

看護師求人比較ランキング

看護のお仕事

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ


看護のお仕事は、後発組であるものの業界トップクラスの看護師転職サイトです。全国10万件以上の施設から、希望に沿う求人を提案をしてくれます。


豊富な求人数を誇り、担当者の対応が丁寧と評価されています。転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめです。




ナース人材バンク

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナース人材バンクは、看護師の転職で最も利用されている看護師求人サイトです。



非公開求人が多く質の良い求人が存在しています。これは全国に拠点が多く存在しこの拠点から担当者が医療機関へ日頃から訪問をしたり連絡をしたりしています。そいう活動から最新の求人情報を得ることを可能にしています。






ナースではたらこ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナースではたらこは、業界最大級の老舗ナースの転職サイトです。医療機関の約9割近くのネットワークがあり、全国どこでも良い求人を見つけることができます。



非公開求人も豊富にあり条件の良い求人も豊富です。担当者に希望を伝え非公開求人からも求人情報を得ることもできます。また担当者はトータルなサポートもしてくれます。




ジョブデポ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ジョブデポ看護師は、圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を進呈しています。


他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、他社が広告費に充てる部分をお祝い金として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。


口コミで利用者が増えたサイトの一つで、評判も上々のようです。





医療WORKER

求人数 求人数6万件以上(全国対応)
求人の質 首都圏、東海、関西に強みあり
信頼・実績
対応力
丁寧さ

長年の実績による医療ワーカーだけの求人も多数あります。WEB上に公開されていない「非公開求人」から理想の求人が見つかる場合もあります。


求人にはのっていない、「人間関係]や「実際の残業時間」など、職場環境も事前に予め知ることができるので、とても利用しやすいと思います。


また看護師からの支持率が高いという評判のサイトで、特に首都圏、東海、関西に強みがあります。






HOME 看護師求人ランキング 好条件で転職するには 自己アピール