看護師 年齢

看護師の年齢は転職にどう影響があるの?

メニュー

 

 

 

看護師の年齢は、どういう影響があるのでしょうか?

 

 

 

 

法律的に求人票では、年齢制限を設けてはならないことになっています。

 

そのため40代、50代は採用されない応募があるように思います。

 

求人票を良く見て、〇〇歳が活躍。と記載があればその年齢までと理解すべきです。

 

 

 

 

 

また、直接応募先へ連絡をして、何歳程度の人材が活躍しているのかを聞いて見ることです。

 

若手の看護師が多いようであれば、採用されるのは難しいでしょう。

 

 

 

 

一般に、多くの施設では40歳までは、採用までは採用しているようです。

 

 

口コミ情報【yahoo知恵袋より】

40歳でラインをひいて年齢制限をしている病院が多いようですが、全国的に看護師不足ですので病院を選ばなければ就職口はたくさんあると思います。(大学病院等の大きい病院は難しいですが。)(続きはこちら

 

 

 

 

年齢によって期待されることは大きく違いがある

 

もちろん20代で求めること、30代で求めること、40代で求めることは大きく違います。

 

 

 

 

特に40歳となると採用側がしびやに見られます。

 

例えば、平均年齢が若い施設の場合、上司は若い看護師になるわけですから、

 

素直に指示に従ってくれるのだとうか?という疑問があるわけです。

 

▲画面のTOPへ

 

20代看護師の転職

 

20代での看護師の転職はチャンスは多いものです。

 

体力もあり、長期勤務の可能性があり職場に馴染みやすいなどの理由があげられます。

 

 

 

 

素直に職場のやり方を吸収でき様々なスキルを習得しやすいと言えるでしょう。

 

20代での転職は迷う方もいるでしょう。

 

 

 

 

しかし、20代のうちに転職して様々な経験をつむことで将来再び転職するときの糧になります。

 

少しの経験でも履歴書や自己アピールに使えるので迷う必要はあまり無いでしょう。

 

 

 

 

経験が少ない分どうアピールするのか?

 

経験の無さは、年数を積むことで解決していけます。

 

経験不足に悩まずに20代の間にどんどん挑戦していく姿勢が大切です。

 

 

 

20代の看護師で求められる理想像は

 

元気が良い
やる気がある
適応性がある

 

などが多いようです。

 

 

 

長く勤務してくれそうな看護師が求められる

 

 

長期間勤務してくれる方を求めているところも多いです。

 

若さのメリットを前面に押し出しアピールするようにしましょう。

 

 

 

 

逆に短期間で勤務を辞めてしまいそうな人については採用されにくいでしょう。

 

この場合、転職時の面接での言動には十分注意しましょう。

 

 

 

 

 

退職理由は?

 

 

退職理由などを聞き判断されてしまうので

 

曖昧な対応はマイナスイメージを与えてしまいます。

 

 

 

そして臨床経験の少ない20代看護師に人気の職場はクリニックです。

 

若い看護師が多く残業が少ないうえにあまり忙しくありません。

 

 

 

プライベートを充実させたい方にぴったりの職場といえます。

 

 

 

ただ、クリニックの場合は仕事は楽ではありません。

 

それなりの責任感は必要となりますので覚悟して望む必要はあります。

 

 

 

 

小さなクリニックと大きなクリニックの場合

 

事前に下調べをしておくことが大切です。

 

 

 

 

服装や髪形の自由な職場ならCRCがおすすめです。

 

 

 

医療行為が無いのでスキルが無くても勤務できます。

 

臨床から転職する看護師が多いようです。夜勤もありません。

 

 

 

 

スキルアップなら総合病院や大学病院がおすすめです。

 

 

様々な診療科目があり色々な経験を積むことができます。

 

様々な経験を積みたい20代看護師にぴったりの職場です。

 

 

*最初の1年〜3年ほどは辛い時期はあるように思います。

 

 

 

 

人間関係や夜勤が辛いと感じる場合

 

何らかの悩みがあり、人間関係の悩み、夜勤が辛いなどと、

 

20代の若手の看護師のありがちな悩みです。

 

 

 

人間関係に悩まれる方、夜勤が辛いと感じる方は、考えたいことがあります。

 

それは、仕事の要領が悪いことかもしれません。

 

 

 

 

人間関係での悩みは、仕事ができないことです。

 

周囲の信頼が低いため

 

いろいろ言われることになります。

 

 

 

 

仕事をしっかりこなせるようになれば

 

仕事で信頼がある人なら、一目おかれることになり貴重な存在になったりします。

 

 

 

また、夜勤が辛いという原因の一つに、仕事ができない、わからないことが多いと、

 

不安やプレッシャーという余計なことを感じてしまい、疲れる原因にもなります。

 

 

 

 

教育制度の整っている病院で、基本を身につけて

 

仕事に自信を持てるようになれば、夜勤もそれほど辛くなることもあります。

 

 

 

 

人は物事をコントロールできるようになれば、

 

プレッシャーはなくなるものです。

 

 

聞いた話では、以前は夜勤がすごく辛くて、体力的にもキツイと感じていた看護師が、

 

仕事がしっかりとできるようになってからは、それほどキツイと感じなくなったそうです。

 

 

*仕事に自信が持てるようになれば、どんな職場でも働けることになるでしょう。

 

 

 

 

20代の転職は視野を広げて考える

 

20代の看護師は、転職のチャンスは多く存在していますので、

 

視野を広く、大きな視点で転職について考えることが大切です。

 

 

 

 

一人で考えることが難しいとお考えの方は看護師求人サイトの利用がおすすめです。

 

看護師の転職に精通したプロが相談に乗ってくれます。

 

▲画面のTOPへ

30代看護師の転職

 

30代を機に転職を考える看護師も多いです。

 

 

人生の転機となる年代にどのように転職することが成功につながるのでしょう。

 

30代の看護師は、まだ就職口はあります。

 

看護師不足の関係もあり年齢の制限が上がっているようです。

 

 

しかし、30代と大卒の現役看護師を比べると昇給や昇格の点では30代は可能性が低くなります。

 

 

 

 

看護師の転職では経験と目的を

 

 

30代まで経験を積んできた看護師であれば職場で重宝されるでしょう。

 

 

 

生活のため一定の収入を得るには夜勤勤務などを長期間続けていく覚悟が必要です。

 

また周囲の看護師や指導員なども年下なので遣り辛いと感じる方もいるようです。

 

 

 

 

30代で転職する場合、

 

年収も大切ですがライフスタイル、キャリアアップなどの目的をはっきり持つことです。

 

 

 

 

育児や介護の両立の場合

 

育児や介護と両立する場合、いろいろ考えなければならず勤務条件が問題になります。

 

勤務条件については、いろいろ考えて決めることです。

 

子育て両立はこちら>>>

 

 

 

最初から視野を狭くさせてしまうと、選択の幅が狭くなってしまいますので、

 

どんな働き方があるのかという点から情報収集をする必要があります。

 

 

 

 

できないという前提は、一旦忘れ情報収集をし、そこから譲れること、譲れないことと

 

考えていくことによって、絞っていくようにすべきです。

 

 

 

もしかすると、今まで考えたことのなかった職場がベターとなるかもしれません。

 

 

 

 

 

キャリアアップが目的

 

キャリアアップしたいなら、支援制度のある医療施設などに転職を考えてみましょう。

 

研修や勉強会を積極的に行う病院も良いですね。

 

 

 

 

キャリアアップが目的なら、将来の目標やビジョンを持っていることと思います。

 

そいう高い意識が、自己アピールとなり、内定を勝ち取ることになるのですが、

 

 

 

キャリアアップのためという場合は、人気の求人への応募となります。

 

そのため書類選考から面接対策が必要になります。

 

 

 

 

内定を勝ち取るには、事前に求人先の調査が重要で

 

的外れとなる自己アピールにならないようにすべきです。

 

 

 

どう自己アピールをすると、評価されるのか?

という点を理解してアピールすることです。

 

 

 

 

例えば、礼儀重視なのか?話方がはきはき明確に、はっきりと答えられることがいいのか?

 

明るく、笑顔で丁寧な話方がいいのか?体育会系的な人が好まれるのか?

 

 

 

 

つまり採用担当者が聞きたいことを理解して自己アピールすることが必要になるということです。

 

▲画面のTOPへ

40代看護師の転職

 

40代の転職は一般的には厳しい

 

一般的な職業での40代の転職というのは厳しいと言われています。

 

40代の看護師は少し違っています。

 

 

 

 

看護師で40代で転職する方は珍しくありません。

 

しかし、年齢を重ね40代から転職は勇気がいるものです。

 

 

 

 

周囲は自分よりも若く、

 

もしかすると管理者の方も年下ということもあり得るでしょう。

 

 

 

 

40代看護師が転職するための強み

 

40代での転職は悪いことではありません。

 

なんといっても経験を重ねているという強みがあります。

 

 

 

20代では経験不足というデメリットがありますが40代まで様々な

 

経験をしてきたことは転職の際、圧倒的な糧になるでしょう。

 

 

 

 

経験を自己PRでうまく伝えることが出来れば有利に転職できます。

 

 

 

 

年齢制限が気になるところですが、近年看護師不足が増加しているので

 

年齢制限を引き上げている医療機関も少なくありません。

 

 

 

 

 

40代看護師が転職するためには狙いを絞る

 

経験のある看護師を求めているところを狙い自分のライフスタイル、スキル、

 

勤務形態に合うか見極めて転職すると良いでしょう。

 

 

 

 

スキルのある看護師の方が病院に求められています。

 

条件の良い転職をするならスキルをアピールしたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

40代の看護師は看護師としても人間としても

 

経験が豊富ですので様々な場で需要が高いといえるでしょう。

 

 

 

 

経験を積んでいることで好待遇を受けられる可能性も高まります。

 

給与アップを希望する看護師にはうれしいですよね。

 

 

 

経験が豊富であればあるほど管理職になる可能性もあがります。

 

 

 

 

 

40代看護師の不利な点は?

 

 

覚えが遅い?

 

20代と比べれと、40代の転職で苦労をすることは覚えにくいということです。

 

 

 

 

素直に周囲の話に耳を傾けてもわからないことがあります。

 

 

 

 

頑固になる人もいます

 

人によっては、頑固となっており、今までの経験上で考える傾向があります。

 

そのため、転職先によっては、使えない人とレッテルを貼られてしまう方もいるようです。

 

 

 

 

施設側も、40代の看護師を採用するにあたって、

 

周囲の人と上手に関係を築けそうかどうかを判断の一つにしています。

 

 

 

 

最初は積極的に、

 

素直に聞いていくことで技術や知識は身に付けていくという

 

覚悟を持って転職を望むことです。

 

 

 

 

周囲が若いことで素直に聞き入れにくい場合もありますが

 

ここは謙虚に聞いておいた方が自分のためになります。

 

 

 

 

年齢が上がるについて施設から求められること?

 

年齢が上がるにつれ人柄もより重要なポイントはコミュニケーション能力です。

 

 

 

 

臨機応変に対応できコミュニケーション能力に

 

看護師の20代、30代にも求められる能力ですが、年齢が上がれば上がるほど

 

求められるようになります。

 

 

 

 

そのため面接での受け答えは、非常に重要になります。

 

つまり、内定を勝ち取りたいなら面接での受け答えについては、

 

念入りに練習しておいた方が良いでしょう。

 

▲画面のTOPへ

看護師の転職で50歳では

 

50歳での看護師の転職は、簡単ではありません。

 

 

特に50歳という一つのケジメの年齢になると皆、一度は転職を考えてみるものです。

 

転職を考える場合、仕事を絞り込んで考えないと難しい年代です。

 

 

 

ずっと同じ仕事を続けてきても、年齢的にも体力的にきつくなることもあるでしょうし、

 

同じ職場に長くいると気分を変えて新たな気持ちで働きたいとも思うでしょう。

 

 

 

 

一般企業ならば一定期間を経ると、配置転換等で、

 

仕事も人間関係も仕切り直しということがあるのですが、

 

この業界では専門職ですから異動することもあまりないかもしれません。

 

 

 

 

そんな場合、長い間務めた職場から別の職場に変わることを

 

考えることも大切なことになります。

 

 

 

 

今までの経験が重要

 

長期にわたって働いてきた実績があるのですから、

 

今までの経験をつかってしかできないことが沢山あります。

 

 

 

 

たとえば、50代の看護師の転職では、

 

介護関連で活躍の場を見いだす場合が多いのです。

 

 

 

 

長く病院勤めをしていた方も、個人クリニックの介護関連の職場で働くことで、

 

今までの経験を生かすことができるでしょう。

 

 

 

 

 

そういう現場では、夜勤が続くほどの忙しさはなくても、細かい気配りが必要ですし、

 

今まで多くの若いナースをまとめてきた経験が物凄く役に立ちます。

 

 

 

 

職場を変えようとした際に、当然のことながら面接ということになりますが、

 

今までの病院での経験とか、高齢者を支えたい気持ちを強くアピールすることで、

 

その時の試験官の心をつかむことができるはずです。

 

 

 

 

今までの知識や経験を十分に発揮できる所を考えてみましょう

 

 

 

 

おすすめは看護師求人サイトの利用です。

無料で利用ができ転職に精通している担当者が転職のサポートをしてくれます。

 

担当者へ転職の相談をしてみましょう。

 

▲画面のTOPへ

 

看護師求人比較ランキング

看護のお仕事

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ


看護のお仕事は、後発組であるものの業界トップクラスの看護師転職サイトです。全国10万件以上の施設から、希望に沿う求人を提案をしてくれます。


豊富な求人数を誇り、担当者の対応が丁寧と評価されています。転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめです。




ナース人材バンク

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナース人材バンクは、看護師の転職で最も利用されている看護師求人サイトです。



非公開求人が多く質の良い求人が存在しています。これは全国に拠点が多く存在しこの拠点から担当者が医療機関へ日頃から訪問をしたり連絡をしたりしています。そいう活動から最新の求人情報を得ることを可能にしています。






ナースではたらこ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナースではたらこは、業界最大級の老舗ナースの転職サイトです。医療機関の約9割近くのネットワークがあり、全国どこでも良い求人を見つけることができます。



非公開求人も豊富にあり条件の良い求人も豊富です。担当者に希望を伝え非公開求人からも求人情報を得ることもできます。また担当者はトータルなサポートもしてくれます。




ジョブデポ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ジョブデポ看護師は、圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を進呈しています。


他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、他社が広告費に充てる部分をお祝い金として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。


口コミで利用者が増えたサイトの一つで、評判も上々のようです。





医療WORKER

求人数 求人数6万件以上(全国対応)
求人の質 首都圏、東海、関西に強みあり
信頼・実績
対応力
丁寧さ

長年の実績による医療ワーカーだけの求人も多数あります。WEB上に公開されていない「非公開求人」から理想の求人が見つかる場合もあります。


求人にはのっていない、「人間関係]や「実際の残業時間」など、職場環境も事前に予め知ることができるので、とても利用しやすいと思います。


また看護師からの支持率が高いという評判のサイトで、特に首都圏、東海、関西に強みがあります。






HOME 看護師求人ランキング 好条件で転職するには 自己アピール