看護師 産婦人科

看護師の産婦人科ってどうなの?

 

看護師の方々はさまざまな場所で活躍されています。転職や異動で、これまでとは違った種類の仕事に就くこともめずらしくありません。

 

 

 

ここでは、新しい命を預かる産婦人科の看護師の仕事について説明します。初めて産婦人科に勤務する看護師は、職場によってこれまでの仕事の内容の違いに戸惑いを見せるかもしれません。

 

 

 

看護師の婦人科の仕事の内容は?

患者の体の状態や、症状、治療の目的などにとってケアや治療の仕方が異なってきます。産婦人科での勤務を考えている看護師は、まずは仕事内容の違いについて知っておきましょう。

 

 

 

 

産婦人科での仕事の内容は、通常の看護師と同様に、血液検査や尿検査の指示、採血、薬の指導などがあります。

 

 

 

また、新生児のおむつ交換や、妊婦の健康管理など、通常の看護師の仕事とは少し異なった内容のものもあります。手術の補助においても、外科手術とは若干異なったものになりますので、ある程度の慣れが必要になってくるでしょう。

 

 

 

看護師婦人科で働くメリットは
  • 喜びに関わることができる仕事
  • 専門性が高い職場
  • 人気が高い職場

 

 

産婦人科の仕事は、新しい命の誕生の瞬間に立ち会うという、すばらしい仕事です。それだけにやりがいのある仕事であり、看護師にも人気のある職種になっています。

 

 

他の診療科と比べると少し特殊な環境で長く働きたいというような人が多く集まる傾向にあります。そのため長年勤務するとつぶしがきかなくなる方が少なくないようです。それだけやりがいと専門性の高さがあることが伺えます。

 

 

 

 

看護師が産婦人科で働くデメリットは?
  • 給与が安いケースが多い
  • クリニックでも夜勤がある
  • 日祝も仕事になることがある

 

 

産婦人科の看護師は、給料が安いというケースが少なくないという状況です。また日曜祝日も仕事になることもあります。

 

他の診療科ではクリニックでの夜勤があるということはほぼありませんが、産婦人科のクリニックの場合に夜勤があります。

 

 

 

 

 

 

看護師の婦人科 日勤と夜勤との違い

 

産婦人科では日勤と夜勤でも仕事の内容が異なってきます。日勤では外来での仕事が主な業務になります。

 

 

 

特に、妊婦やまだ幼い子供などは体調の変化が激しいので注意が必要です。夜勤では妊婦や新生児の見回りが主な業務になります。

 

 

 

 

新生児にミルクを与えたり、おむつの交換を行ったりする他、夜中に産気づいた場合には緊急の対応を行わなくてはいけません。

 

 

 

 

 

産婦人科で看護師が求められることとは
  • メンタルが強いこと
  • 気配りができること
  • 勉強熱心さがあること
  • 助産師資格は取得する意思があること

 

産婦人科の看護師は、メンタルの強さ、気配り、勉強熱心さが求められます。職場によっても役割分担が違いますので内容を理解して就きたいですね。

 

 

 

看護師婦人科の2つの職場の違い
  1. お産を扱う職場
  2. お産を扱わない職場

 

お産を扱う職場とお産を扱わない職場があり、お産を取り扱うかどうかで看護師の担う役割が違ってきます。

 

 

 

お産を扱わない看護師の婦人科の役割

 

看護師婦人科の外来

  • 医師の診察補助
  • 血液採取
  • 検査
  • 必要な処置
  • 薬の準備
  • NSTと呼ばれる産婦人科に特有の検査

 

 

看護師婦人科の病棟

  • 入院患者の体調管理
  • 点滴
  • 薬の管理

 

お産を扱う看護師の婦人科の役割

 

上記の業務の業務に加えて分娩室でのサポートの業務があります。特に大切なことの一つにモニターなどで母体と胎児の様子を観察するのが主な役割があります。

 

 

 

 

 

助産師と看護師の役割の違いは?

看護師は、『妊産婦』を看ることがでず『傷病者』と『じょく婦』を看ることになります。医師の指示の下、妊婦の採血や点滴、内診の介助はできますが、妊婦の診察はできません。

 

 

 

お産時には、産婦のケアはできず、赤ちゃんが産まれる頃からのお仕事になります。具体的には赤ちゃんの吸引や保温などを行うことになります。

 

 

 

看護師は、病気や怪我をしている人、もしくはじょく婦が看護の対象で助産行為は出来ません。(助産師は出来ます)

 

 

 

産科病棟の看護師の場合には、じょく婦と新生児の世話をすることになりますが、助産師は、妊産婦、じょく婦、新生児すべてのお世話をします。

 

 

 

つまり、赤ちゃんを取り上げることができるのは、助産師か産婦人科の医師になり、助産師の資格をもっていない、看護師は赤ちゃんを取り上げる事は出来ないのです。

 

 

 

 

看護師産婦人科の求人は?

看護師の産婦人科の求人は人気の求人の一つですが、職場の様子は知っておきたい点でしょう。職場によっては雑用が多いという職場もあったりします。

 

 

また、比較的求人も少ないため自己アピールや志望動機、履歴書、面接対策も必要になります。

 

 

 

産婦人科へ転職をお考えの方は、看護師求人サイトの利用がおすすめです。利用するには簡単な登録をします。登録後に担当者から連絡が入ります。

 

 

担当者へ希望や要望を伝えることで、非公開求人の提案が受けられます。さらに自己アピールや志望動機、履歴書、面接対策サポートを受けることができます。

 

 

担当者は転職のプロですので、転職のサポートを受けるほうが有利になると思います。

 

 

 

▲画面のTOPへ

看護師求人比較ランキング

看護のお仕事

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ


看護のお仕事は、後発組であるものの業界トップクラスの看護師転職サイトです。全国10万件以上の施設から、希望に沿う求人を提案をしてくれます。


豊富な求人数を誇り、担当者の対応が丁寧と評価されています。転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめです。




ナース人材バンク

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナース人材バンクは、看護師の転職で最も利用されている看護師求人サイトです。



非公開求人が多く質の良い求人が存在しています。これは全国に拠点が多く存在しこの拠点から担当者が医療機関へ日頃から訪問をしたり連絡をしたりしています。そいう活動から最新の求人情報を得ることを可能にしています。






ナースではたらこ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナースではたらこは、業界最大級の老舗ナースの転職サイトです。医療機関の約9割近くのネットワークがあり、全国どこでも良い求人を見つけることができます。



非公開求人も豊富にあり条件の良い求人も豊富です。担当者に希望を伝え非公開求人からも求人情報を得ることもできます。また担当者はトータルなサポートもしてくれます。




ジョブデポ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ジョブデポ看護師は、圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を進呈しています。


他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、他社が広告費に充てる部分をお祝い金として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。


口コミで利用者が増えたサイトの一つで、評判も上々のようです。





医療WORKER

求人数 求人数6万件以上(全国対応)
求人の質 首都圏、東海、関西に強みあり
信頼・実績
対応力
丁寧さ

長年の実績による医療ワーカーだけの求人も多数あります。WEB上に公開されていない「非公開求人」から理想の求人が見つかる場合もあります。


求人にはのっていない、「人間関係]や「実際の残業時間」など、職場環境も事前に予め知ることができるので、とても利用しやすいと思います。


また看護師からの支持率が高いという評判のサイトで、特に首都圏、東海、関西に強みがあります。






HOME 看護師求人ランキング 好条件で転職するには 自己アピール