看護師 精神科

看護師求人精神科で求められることは?

 

 

看護師の精神科での役割は、外科や内科ととは全然違っています。

 

メインは患者と向き合い、コミュニケーションをすることで、患者の心の状態を把握し、
心の問題を理解することです。そして対処してサポートをしていきます。

 

 

精神科看護師の役割は

 

  • 精神疾患への認識
  • 精神障害がのため日常生活が困難な患者の日常生活のサポート
  • 患者のセルフケア、対人関係、問題解決能力の獲得のために支援
  • 自殺企図や自傷、他者への暴力など、精神的に危機的状況の危機回避
  • 身体面・精神面を含めてより綿密に状態を観察
  • 患者の権利の擁護者、患者の代弁者
  • 家族もケア

 

 

具体的には、薬の管理や注射、身体管理、精神療法等を実施します。そして、代理行為(買い物やお金の管理)も行ったりします。セルフケアができない患者もいますので、その場合には、お風呂や洗髪などの手助けなどを行ないます。

 

 

 

 

 

精神科は、精神分裂や鬱病、摂食障害、パニック障害、PTSD、アルコール・薬物依存などの診療をしますので、軽い方もいれば重症な方もます。大切なことは、患者のプライバシーを守り、患者の完治を目指すのが精神科の役割です。

 

 

 

 

 

看護師が働くことで、コミュニケーション力が求められることは確かです。また、精神科は残業が少ないと言える職場です。ほとんど定時で終えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

看護師 精神科の特徴は?

 

  • 看護師が精神科は男性が多いこと
  • 急性期か療養型かで全く違う
  • 長く勤務する傾向がある
  • 夜勤がない施設もある
  • 専門性を身につけることができる

 

 

 

育児中の方や家族との時間を重視している看護師にはメリットがあると思いますが、急性期では、とにかくバタバタと忙しやるべきことや時間ごとにやらなければなりません。慣れるまでは大変かもしれませんね。

 

 

 

 

また、患者が暴れたり暴力を振るうということがあります。このような興奮状態に患者が陥ると看護師も危険が及ぶことがあります。そういう意味で力がある男性の看護士が重宝されているようです。

 

 

 

 

長く勤務する看護師が多いようですが、その理由は男性看護士が多いことから職場の人間関係は、良好で気持ちよく働ける職場になっています。その反面、長く勤務すると一般科への転職が難しくなるということも考えておかなければなりません。

 

 

 

 

 

看護師の精神科って楽?

 

看護師の精神科は楽かどうか?という点ですが、人それぞれ感じ方が違い、楽という看護師と大変という看護師の両極端です。これは「向いている人と向いていない人」の意見の違いかと思います。

 

 

精神科の看護師に向いている人って?

 

  • 心ある関わり方がでできる人、もしくは学ぶことのできる人
  • 感情のコントロールができる
  • 冷静に対応できる精神力

 

 

コミュニケーションが大切になるわけですが、コミュニケーションと言っても漠然としていますね。つまり心ある関わり方が大切になります。

 

 

心ある関わり方とは、しっかり相手の話を聞くことができ、黙って側になり、相手に関心を向けます。患者にむかつく、嫌いになるということもありますが、こいう場合には、「自分自身の心のあり方」に問題あると考え対応することです。

 

 

つまり、自己を振り返えることが必要になります。こいうことが苦手な人は向いていないと思います。

 

 

 

 

 

また、患者から悪い影響を大きく受けるタイプの方も向いていないと思います。患者はわけのわからないことを言ってみたり、ネガティブなことを言ってみたりと毎日、そいう言葉を聞くことで大なり小なり悪影響を受けることになります。

 

 

 

 

患者に怒鳴られ、自分も切れて怒鳴るようでは駄目なのです。もしくは患者のマイナスの言葉を受け止め過ぎてしまい、一緒の落ち込んでしまい自分がうつっぽくなっても駄目なのです。

 

 

 

 

仕事は仕事、プライベートはプライベート」と全て割りきれるのが一番ですが、そういう人は多くはありませんので、気分の切り替えつまり感情をある程度コントロールすることが大切です。

 

 

 

 

患者の言葉はしっかり聞いていても、それを「さっらと流す」「気分をガッラと切り替える」ことができることが理想です。ただ自己訓練である程度上達できることも確かです。中には趣味に没頭する時間を使い気持ちのリフレッシュに力を入れている看護師もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師が精神科へ転職をお考えなら

 

精神科の転職する場合には、病院の内情をしっかりと知る必要があります。その意味では、看護師求人サイトが間違いのない職場へ就くことができると思います。

 

 

 

担当者は、内情に知っていることが多く、知らない場合には、調べてくれます。当然、良い面だけでなく悪い面まで教えてくてます。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

看護師求人比較ランキング

看護のお仕事

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ


看護のお仕事は、後発組であるものの業界トップクラスの看護師転職サイトです。全国10万件以上の施設から、希望に沿う求人を提案をしてくれます。


豊富な求人数を誇り、担当者の対応が丁寧と評価されています。転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめです。




ナース人材バンク

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナース人材バンクは、看護師の転職で最も利用されている看護師求人サイトです。



非公開求人が多く質の良い求人が存在しています。これは全国に拠点が多く存在しこの拠点から担当者が医療機関へ日頃から訪問をしたり連絡をしたりしています。そいう活動から最新の求人情報を得ることを可能にしています。






ナースではたらこ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナースではたらこは、業界最大級の老舗ナースの転職サイトです。医療機関の約9割近くのネットワークがあり、全国どこでも良い求人を見つけることができます。



非公開求人も豊富にあり条件の良い求人も豊富です。担当者に希望を伝え非公開求人からも求人情報を得ることもできます。また担当者はトータルなサポートもしてくれます。




ジョブデポ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ジョブデポ看護師は、圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を進呈しています。


他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、他社が広告費に充てる部分をお祝い金として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。


口コミで利用者が増えたサイトの一つで、評判も上々のようです。





医療WORKER

求人数 求人数6万件以上(全国対応)
求人の質 首都圏、東海、関西に強みあり
信頼・実績
対応力
丁寧さ

長年の実績による医療ワーカーだけの求人も多数あります。WEB上に公開されていない「非公開求人」から理想の求人が見つかる場合もあります。


求人にはのっていない、「人間関係]や「実際の残業時間」など、職場環境も事前に予め知ることができるので、とても利用しやすいと思います。


また看護師からの支持率が高いという評判のサイトで、特に首都圏、東海、関西に強みがあります。






HOME 看護師求人ランキング 好条件で転職するには 自己アピール