看護師 退職

看護師の退職では?

メニュー

 

看護師が今の職場を退職する場合

 

今の職場を退職する場合、まず考えたいことが看護師としての責任についてです。
退職して患者さんに迷惑がかかってしまうような退職の仕方は考えものです。

 

 

 

 

患者さんに迷惑のかかるような強引な退職の仕方は避けるべきです。
それが看護師としての責任感です。

 

 

 

 

そこで考えたいのが引き継ぎのことを考えた大まかな予定を立てるようにしましょう。

もし転職をお考えであれば、計画的な転職活動をすべきです。

 

 

 

 

また年末年始などの繁忙時期は避けるなどと、
今の職場で一番迷惑がかからないように考慮すべきです。

 

それが一番、患者さんに迷惑をかけないことになるからです。

 

 

 

 

いつ頃上長に伝えればいいのか?

 

一般的に言われていることですが、
2ヶ月に直属の上長、看護師長に退職の意思を伝えることとされています。

 

 

 

就業規則等で2週間とか1ヶ月とか医療機関によって定めている期間がありますが、
その通りでも問題ないかもしれませんが、

 

引き継ぎのことを考えるとどうしても時間が必要となると思います。

 

 

 

退職をしたら前の職場のことなど関係ない。と考えてしまうのは、看護師としてはNGです。

 

 

 

 

そいう心構えで仕事を行なっていると
必ず患者さん、同僚、医師など周囲の人にそれが伝わることになります。

 

 

 

長く看護師として働くなら、そいう評判は、好ましくないことになります。

 

 

転職をしてその転職先に、
以前に同じ病院で働いてた看護師や医師が働いているということもあります。

 

 

 

どこで誰がみているかわかりませんので看護師としての責任感を持って行動をしましょう。

 

 

 

 

 

上長から引きとめがあることも想定して

 

上長から引きとめがあることも想定されます。まずは退職理由はしっかりと考えておきましょう。

 

 

引きとめられ説得されてしまう方は、
何らかの不満を持っているが退職理由があいまいだったりします。

 

 

 

 

その場合、上長から強く引きとめにあい説得されてしまうことになります。

 

 

 

そこで、転職の目的が明確で、今の職場では無理とわかるようなことがベストです。不平、不満的な理由は、NGです。

 

 

 

 

具体的には、
キャリアアップ、引っ越しなど今の職場では解決できない理由を伝えることです。

 

 

 

それでも引きとめにあい説得されてしまうと思われる方は、
転職先を決めて、次の職場は決まっていて、

 

いつ頃から働くと言った具体的なことも伝えてしまうと引きとめにあう可能性は少なくなります。

 

 

 

*職場の状況でも違ってきますので、状況を踏まえて伝えましょう。

 

 

 

 

 

退職の相談は相談する人を間違いないこと

 

退職をしたいと相談する相手が、同僚だったりすると、
同僚からの引きとめがあったりします。ある意味同僚のほうが、

 

説得されてしまいやすいです。

 

 

 

同僚であれば、心を開いている分、自分の本音で話ていますので、
そのため説得されやすいです。

 

 

 

最悪は、同僚が引きとめるために、
上司を抱き込んで説得を試みることにもなりかねません。

 

 

 

 

こうなると、かなり辞めることができなくなってしまうことでしょう。

 

 

 

 

*同僚には退職や転職の相談はしないことです。
転職や退職する以外のことの相談は問題ありません。

 

 

 

 

もし自信が持てないとお感じなら
看護師求人サイト担当者に退職の仕方についてアドバイスを受けましょう。

 

 

担当者は、経験も豊富で、
ケースバイケースで的確なアドバイスを受けることができると思います。

 

▲画面のTOPへ

転職する看護師の活動は退職前に

 

転職する看護師は、退職してから転職活動をするほうが良いでしょうか?

 

それとも退職前に、活動をすべきでしょうか?

 

理想は、退職前に、活動をすべきでしょう。

 

 

 

じっくり転職活動を

 

なかなか時間がないから退職後に、じっくりと転職活動をしようと考える方もいるようですが、
収入がないという焦りによって間違った判断をしやすいことは事実です。

 

 

 

 

失業保険を当てにしても、それほど支給されるわけでもないですし、
自己都合なら3ヶ月の待機期間があります。貯金が豊富にあれば、別です。

 

 

 

 

焦って転職をしても、思ったような職場でなかったと後悔しても意味がありません。

 

 

 

 

 

 

今の仕事も辞めずに、忙しい方におすすの方法は?

 

忙しいくて時間がないという方が多いと思いますが、
看護師求人サイトの担当者の力を使えば、

 

時間のない看護師でも十分に転職活動が可能になります。

 

 

 

 

 

求人探しから、求人先の様子などども可能な範囲で調べてくれます。
また、医療機関との段取りや交渉など看護婦に代わって行います。

 

 

 

 

看護師求人サイトを利用は、看護師は無料で利用できるわけですから、
退職する前に、転職活動をすべきです。心の余裕が全然違ってきます。

 

 

 

 

なるべくなら退職前に活動を行なうようにしたいですね。

 

 

 

 

また、今の職場にも迷惑をかけないように、心がけましょう。
自分が良ければいいという心構えは、次の職場でもいい結果になりません。

 

 

 

 

一番迷惑をかけるのが患者さんです。引き継ぎのことを考え、円満退社を目指しましょう。

 

▲画面のTOPへ

看護師の退職・転職のタイミングも考えておくことも必要?

 

最も良い退職・転職のタイミングは、キャリアや経験年数に区切りのついた後になります。

具体的には経験1年後と3年後、5年後、10年後などの時期的な区切りがあります。

 

 

 

それと、日常業務を一通り経験して、一応、一人前になった後、
後輩などの育成や管理をした後、昇進して仕事に慣れた後などのキャリアの区切りも重要です。

 

 

 

経験年数とキャリアの組み合わせによって適切な時期は決まります。

 

 

 

 

初めの退職・転職時期としては経験を1年間積んで、一通りの業務経験を積んだ後でしょう。

 

 

 

募集される求人にも経験年数1年以上というものが多くなっているからです。
1年やれば、一通りは業務経験があるので、業務経験の区切りも一緒に来る場合が多いのです。

 

 

 

 

 

2回目の退職・転職時期は経験3年前後になります。一般的な業務だけではなく、様々な年次業務などの経験も積んでいれば、評価されやすくなるからです。

 

 

 

 

ただし、キャリアアップには個人差があり、
自分が一人前になったと思える時が来たら、動くと良いでしょう。

 

 

 

 

具体的な時期の決定は、ボーナス直後に退職を告げ、その1ヵ月後に退職となりますから、それ以降が望ましいです。

 

 

 

 

ボーナスを貰って退職する人は非常に多く、それに伴って新たなる求人が出てきますから、
この時期から求職活動を始めるのも手でしょう。

 

▲画面のTOPへ

 

 

 

看護師の退職金についても考えておこう!

 

看護師の退職金は勤務年数によって違ってきます。

 

 

 

一般的なサラリーマンと同じように、
勤続年数が長ければ長いほど、高い額を貰うことができます。

 

 

 

 

通常、同じ職場に3年以上、
勤務し続けることによって退職金を貰うことができることになります。

 

 

 

最低でも3年以上、勤め続けることがポイントです。

基本給に勤務年数をかけた額を貰うことがほとんどですが、職場によって違うこともあります。

 

 

 

 

その職場で決められた金額に勤続年数をかけるという職場もあるからです。
また、基本給と勤続年数にこれまでの実績をかけるという職場もありますし、

 

看護師の仕事ぶりを評価してくれる能力給のような感じで加算してくれる職場もあります。

 

 

 

このように、様々なパターンが考えられるため、あらかじめ、
自分の勤務している職がどのパターンに当たるのか、把握しておくことが大切です。

 

 

 

 

 

先輩たちや既に退職した人たちになどに話を聞いてみることで、
詳細を把握することができます。

 

 

 

 

勤務年数がいくら長くても、これまでしっかりと職務を遂行してこなかった人は
基本的な額を貰うことができない場合もあります。

 

 

 

 

 

医療ミスなどを犯してしまった場合や勤務態度が悪かった場合などです。
年数が長いからと安心せず、日頃からしっかりと任務を遂行するようにしてください。

 

 

 

 

国立規模の病院に勤めている看護師では、5年勤続した場合、
200万円程度、貰うことができる場合があります。

 

 

 

10年勤続で400万円、20年勤めれば1,500万円も夢ではありません。

 

 

▲画面のTOPへ

看護師10年目を迎えた場合の退職金について理解しておこう!

 

 

特に専門職では、経験を積む程にその社員の市場価値が上がっていく事も踏まえて、
勤続年数に比例して給与も上っていく事が一般的です。

 

 

 

こういった傾向は医療の世界でも同様に見る事が出来ます。

 

 

 

 

医師の他、看護師や療法士といった医療スタッフの給与は勤務年数と技術向上によって
高額になっていく傾向があります。

 

 

 

では、退職金についてはどうかと言うと、同じ様に勤続年数に伴い、
金額が上がっていく傾向がありますが、その計算方法は病院によって違っています。

 

 

 

 

一般的に多い計算方法は、勤続年数に基本給等の数字を掛け算したものや、
その数字に功績による倍率を掛けたものがあります。

 

 

 

 

 

また、予め勤務年数に応じた額が設定してあり、
基本給や成果に影響されない様になっているケースも存在しています。

 

 

 

例えば、基本給と勤続年数を掛け算する方法の場合、
極端に言うと看護師が10年目に退職する場合と10年と1日で退職する場合では、

 

たとえ日数の差が1日だけだとしても、退職金が違ってくる場合があります。

 

 

 

 

また、上の例に比して基本給の20%掛ける勤続年数といった計算方法をとっている病院なら、
貰える額は大きく減少します。

 

 

 

 

一方、基本給の額に関わらず、年数に応じた金額が設定してある場合で、
10年以上の勤務で400万円以上という金額が出ていたという事例もあるようです。

 

 

 

 

勤続年数と基本給を掛けた計算だと、月給が20万円でも10年で200万円が限度となるので、
400万円という数字はかなり大きな金額を現しています。

 

 

 

他方で、退職金制度の存在しない病院もあります。
こういった条件は、勤務条件等が記載された書類に記載されているので、

 

目を通しておくと退職時に備えて役立てられます。

 

 

 

 

看護師10年目を迎えた場合の退職金はどれくらいになるのでしょう。
看護師の退職金の目安の参考になれば幸いです。

 

 

▲画面のTOPへ

 

看護師求人比較ランキング

看護のお仕事

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ


看護のお仕事は、後発組であるものの業界トップクラスの看護師転職サイトです。全国10万件以上の施設から、希望に沿う求人を提案をしてくれます。


豊富な求人数を誇り、担当者の対応が丁寧と評価されています。転職の相談に乗って欲しい方にはおすすめです。




ナース人材バンク

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナース人材バンクは、看護師の転職で最も利用されている看護師求人サイトです。



非公開求人が多く質の良い求人が存在しています。これは全国に拠点が多く存在しこの拠点から担当者が医療機関へ日頃から訪問をしたり連絡をしたりしています。そいう活動から最新の求人情報を得ることを可能にしています。






ナースではたらこ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ナースではたらこは、業界最大級の老舗ナースの転職サイトです。医療機関の約9割近くのネットワークがあり、全国どこでも良い求人を見つけることができます。



非公開求人も豊富にあり条件の良い求人も豊富です。担当者に希望を伝え非公開求人からも求人情報を得ることもできます。また担当者はトータルなサポートもしてくれます。




ジョブデポ

求人数 求人数10万件以上(全国対応)
求人の質
信頼・実績
対応力
丁寧さ

ジョブデポ看護師は、圧倒的な求人数(8万件以上)に加えて、国内NO.1の還元率で最大40万円のお祝い金を進呈しています。


他の転職サイトにくらべて高額なお祝い金を実現している理由は、他社が広告費に充てる部分をお祝い金として求職者に還元し、それが口コミとして広がっているためです。


口コミで利用者が増えたサイトの一つで、評判も上々のようです。





医療WORKER

求人数 求人数6万件以上(全国対応)
求人の質 首都圏、東海、関西に強みあり
信頼・実績
対応力
丁寧さ

長年の実績による医療ワーカーだけの求人も多数あります。WEB上に公開されていない「非公開求人」から理想の求人が見つかる場合もあります。


求人にはのっていない、「人間関係]や「実際の残業時間」など、職場環境も事前に予め知ることができるので、とても利用しやすいと思います。


また看護師からの支持率が高いという評判のサイトで、特に首都圏、東海、関西に強みがあります。






HOME 看護師求人ランキング 好条件で転職するには 自己アピール